Nanchan's Custom Gun

●COLT SINGLE ACTION ARMY●

SAA-1st SAA-1st SAA-1st SAA-1st

1873年に登場したコルトシングルアクションリボルバーの中の最高傑作品です。

45口径、弾丸重量250グレインで黒色火薬30グレイン仕様のセンターファイアーカートリッジM1873を使用する6連発リボルバー。
当時、大陸横断鉄道が始まり多く人々が西へ西へと移動していくようになると、治安の悪化やインディアンとの摩擦などが起こっていました。
その様な背景の中、ファイアーアームズの需要が高く、米陸軍に採用されたコルトSAAの話題は西部一帯に広がっていくことになります。巷ではピースメーカー、フロンティアシックス、シックスシューター、サムバスターなどのニックネームをつけて呼ぶようになるほど民間マーケットでの人気も高く、WWUのために生産中止になる1940年までに357,859丁が作られました。

写真はハドソン SAA 4 3/4inch シビリアン
シリンダーベースピンがフレームの前部からスクリューでロックされ、エジェクターロッドヘッドが円形のラウンドブルズアイタイプというブラックパウダーモデルの特徴を再現してあります。
あまりリアルじゃないハドソンのSAA。しかしそれ以上にそれらしい「味」があり、細かい部分もよりそれらしく再現されデザインされています。この様なモデルガン、私大好きです。
実物通りに採寸し設計することだけがモデルガンとしての価値を高めることではないと、このモデルは言っているようです。

ハドソンSAAのブルーイング
ハドソンSAAはフレームとフロントサイトを少しだけ形状修正すると、よりそれらしい雰囲気に仕上がってくれます。
そしてハドソンのHW材は何ともいえない美しい質感に染まってくれるのです。 <<BACK>>