Nanchan's Custom Gun

●COLT WALKER MODEL●

ColtWalkerModel ColtWalkerModel ColtWalkerModel ColtWalkerModel ColtWalkerModel ColtWalkerModel ColtWalkerModel ColtWalkerModel

口径.44、9inchラウンドバレル、重量は約2,070gもあるコルトの中でも最重量級モデルです。
マズルエネルギーは現在の357マグナムとほぼ同等で、当時としては非常に強力なハンドガンでした。
テキサス軍大尉サミエル・ハミルトン・ウォーカーの助言を得て設計されたアメリカ軍が最初に採用したリボルバーでもあります。
軍からの1,000丁の発注があったものの、当時コルト工場は閉鎖されていたため(サミエル・コルト、倒産の連続でした)、コネチカット州ホイットニービル・アーモリーが委託生産を行いました。
その他、民間用として生産され市場に流れたのは100丁のみになります。
その後のコルト大成功への道の土台となるモデルになりました。

このモデルは、映画「アウトロー」で主役のクリント・イーストウッドが使用していたことでも有名ですね。

HWS COLT WALKER MODELのブルーイング。
写真のモデルは、いつもお世話になっている偽レーサーTさん所有のコレクションとなりました。

ウォーカーモデル、写真から想像するより一回り半大きく、これはどうしようもないことだと思いますが平面部などにやや深めのヒケがありました。
それゆえ作業は長時間に及びました。
このような一見単純に見える広い面積の作業の場合、往々にして細かい部分の作業がなおざりになってしまいまいがちになります。

パーカッション・リボルバー、このような古いモデルはエッジがタレてしまうと、それだけで全体の印象が台無しになってしまいます。特にウォーカーモデルの様に大きなモデルはそれが目立ってしまうのです。
このようなモデルは、正確な平面及び曲面、それをエッジ部に綺麗に繋げることが大切になります。

仕上がったCOLT WALKER MODELは、その大柄な体に似合わない繊細な美しさを放っていました。 <<BACK>>